© 2018 Poetic Mica Drops

降りやまない光や雨​

みじかい言葉

こぼれては消えた

Once I was the brand-new sounds,
endless shine or rain, and
the words that scattered and vanished.

譜面にできない雨やさえずりがあった。弾けもしないのに鍵盤へ指をおろした。それがわたしたちの音。

窓の外で誰かがひとを呼び、べつの誰かがそれに答えた。それがわたしたちの声。

あどけない嘘をついた。言おうとしたことを言いそびれた。それがわたしたちの言葉。

芝草を踏みたくて、わたしたちは道をそれる。

約束もなしに、あなたと出会う。

You heard the rainfall or birds singing. You pressed the piano keys though you cannnot play it. That's our sound.

You heard someone called someone out of the window, and someone answered it. That's our voice.

You told trivial lies. You tried to say something, but you forgot it. That's our words.

We walk the unusual way to step on grasses, and meet you without any promises.

 

Poetic Mica Drops

from trios

声 voice

役者

Mika Kumagai

熊谷 弥香

好きになったって嫌いになったっていいし、話もあんまり聞かなくていい。自由の責任をとれるのは結局自分しかいなくて、あたしもそうやってここまできた。​

I do not care whether you like or do not like me. No one can take responsibility for my freedom but me, and that's my way to survive.

  • webアイコン2
  • Instagram
  • Twitter

詩 poem

 詩人

Kotoriko Kusama

草間 小鳥子

ちいさい頃、カーテンが風にふくらむのが、見えないものを見せられているようでこわかった。

I was once afraid of the wind blowing up the curtain.It seemed as if something invisible was suddenly revealed.

  • Twitter

sound

 音楽家 

Masamichi Shigeno

茂野 雅道

生きているわたしたちの雑音や遠い波形を、形無いものへ組みなおす。耳をすませばそれが音でも、音でなくても。

I rebuild our noise and invisible waves for unshaped sounds, though it may not be called "music."

  • webアイコン2
 

Drops

わたしたちは あなたに それらを打ち明ける あなたは それらを あなただけのものにする

Iseki

遺跡

We show "them" to you, and you make "them" your own.

Bokurano Zetsumetsu

​ぼくらの絶滅

Kaerimichi

帰り道

Message

Please fill in the required items.