© 2018 Poetic Mica Drops

 

いまからとりにゆく

その舵を

朝靄をかぶった影のようだ

捨て置かれた方舟が

山頂で座礁したまま

しずかに水を吐いた

芽さえ吹かない片腕を持てあまし

この部屋は日当たりがいい

雨期のわりに晴れている

テスラの風車はまわりつづけて

滅びかけてから気づく

そらんじてきたことの意味のなさに

それでもくりかえしてしまうくりかえしてしまう

​・

もろい練習は本番にたえることができない

ひとの残像を呑み込んでゆく

土の向こうで終わらない穴が

氷河期にはやすやすと冬眠し

すこしずつじぶんを切り捨てながら生きている

人類は進化した

爪を切るように清潔だ

新芽を摘む若者たち

とりとめのない雲は腹をそろえて

ひとびとは肩口から若い木を生やし

遺跡になってゆく町を見おろす

ひたひたに水を汲んだからだを起こし

夢で さびしさの練習をしていた

​遺跡

詩 草間小鳥子

ISEKI

words   Kotoriko Kusama

Last night, I practised for sadness.

Waking up, realizing my body is full of water,

I look down the city gradually  become a ruin.

 

Young trees are growing from our shoulders.

The clouds are flowing lazily.

Youngsters nip the new buds in a clean atmosphere.

People has enough evolved.

We live by cutting off a piece of ourselves.

In the new ice age,

deep holes will swallow the people's last images.

--Whether we practise more, we'll repeat the same mistakes again and again.

 

People learned a lot in vain.

Windmills keep turning under the empty sun.

I spewed out water in my cozy room,

and set off for steering the boat.

The boat, decayed at top of the mountain, 

seems a shadow in the morning haze.

 

泣くこともできないまま だけど しずかに燃えていて

ぼくたちは ほんとうに絶滅する

ああ いま

やさしいものへと変えてゆく

よごれながら

飲み込み 飲み込み

たわいない悪意

言葉裏にひそむ嘘

地表にきらめく爆撃

弱いけれど深く蝕む毒

散らかったプラスチックのかけら

生きのびたい だけど どこまでもひとり

強くなりたい だけど 欲しいのは強さじゃない

なのに 泣けない 泣けないんだ

こんなにたくさんうしなった

なにもかも壊してしまってから 大声で叫んだ

ひび割れた町で きらきら ほこりを浴びている

火を浴びながら 霧を吐いて 道にめり込み

大きくて 危険で すごく やさしい

とてつもなく 大きなものになる

深く潜って 息継ぎをして 風をはらみ

波を裂いて 泳いで すごく遠くまで 泳いで

海が鳴ってる

揺れて もっと揺れて はげしく揺さぶられて 目ざめた

震えている? でも震えているのはからだじゃなくて

見つめている? 目を閉じたまま 耳だけ澄まして

叫んでる? 囁いてる

ぼくらの全滅

詩 草間小鳥子

Bokurano Zenmetsu

words   Kotoriko Kusama

Are you shouting? --No. I'm whispering.

Are you staring at something? --Yes. I'm staring at you with my eyes shut.

Are you shaking? --Yes, but my body is not shaking.

My heart shaked and shaked, and at last, I woke up.

The sea is roaring!

I swam through the waves, swam very far.

I dived into the deep sea, and take a breath.

When the wind blew me up,

I became something very huge.

It was huge, dangerous, and so gentle.

 

Flames are burning!

Blowing the mists, I sank into the road.

The dusts are glittering in the cracked town, and falling on me.

Breaking everything, I shouted out loud.

I've lost a lot of things, but I have no tears left to cry-- I cannnot cry!

I want to be strong, but I don't want the strength.

I want to survive, even if I become alone forever.

 

Pieces of the plastics messed up in the sea,

Things that weak but deeply poisone,

Bombings sparkling on the ground,

Secret lies behind words,

Trivial malice...

While getting dirty, I'll swallow them all to change into the gentle ones.

Ah, we are going to extinct at last.

I still cannot cry, but burning quietly.

 

会おうね

またあした

さよなら

ちいさく手をふりかえしたら、帰ろう

こっちに手をふってる

あぜ道のずっと向こうに 影ぼうしが立ってる

見える?

手をひろげると ゆびさきに草の穂がふれ・・・

西日をたどって 濡れた靴が土を踏む音

帰り道のこと おぼえてる?

朝の気配に耳をすませる

|

まあたらしい

知らない国からめざめはじめた

やがて星は消え

わたしをゆり起こしにやって来る

まなうらの戸を叩くように

胸の奥底に息づいてめぐり

きのうの先に愛し愛されたものものが

きょうのはしっこをそっとめくれば

たくさんのさよならをしたけれど

ひとり帰るすべを知る

靴を濡らした幼いわたしと出会えないまま

山の向こうから夜が満ちてくる

手をひろげてもなにもふれない・・・

裾におよぐ草の穂

ずっととおくまでいってしまう

はしって はしって

薄明けの空へいっさんに駆けあがる犬の尾

空のてっぺんがまわりながら近づいてくる

春の雨にむせび夏の緑に狂い秋の長い夜をくぐり冬の朝の白霜を踏み越え

かすんでゆく

きょうが

いく度ものあしたがまっさらにはためき

さよなら

|

さよなら!

さよなら

枕木の 鳴る音

五時のチャイム 下校放送 遠くから響く踏み切り

まわりつづける風車|かざぐるま|

​、

​、

地平線にたなびく銀色のテ 

I

遠くで踏み切りが鳴りはじめて

​、

五時のチャイムと下校放送

風車はまわりつづけた

地平線にたなびく銀色のテ プ  銀色のテ プがきらきら光って

あぜ道のず  っと向こうのほうまで風車が並んでさ あれ なんだったんだろうね

それが風に吹かれてきらきら光って

I

I

I

​、

田んぼのまわりに銀色のテ プが張られてて

帰り道のこと おぼえてる?

I

さびしかった

言いようもなく

あわ色の空にまたたく 番星が

​ー

​ー

​ー

​ー

​ー

​ー

知らない誰かをひとりで待たせているようで

ふと

なつかしいにおいの風をかぐと

こだまする声に手をふって 山のふもとに家の明かりがにじんで・・・

飛行機雲を追いかけて はしる犬の尾は金色だった

手をひろげると ゆびさきにふれる草の穂がくすぐったい

西日をたどって 濡れた靴が土を踏む音

帰り道のこと おぼえてる?

帰り道

詩 草間小鳥子

​-

​-

​-

​-

​-

KAERIMICHI

words  Kotoriko Kusama

Do you remember the country road,

wet shoes stepping on the soil,

grasses touching your fingertips,

sunset, vapor trail, and the dog tail hopping the road?

I said "Good bye" to my friends, 

and see the lights from my home blurred at the foot of the mountain. 

When I smelled the wind,

suddenly I felt like someone was waiting for me alone. 

The lonesome star twinkled in the muddy sky.

 

Do you remember the country road?

The silver tapes around the rice fields were blowing in the wind,

and the pinwheels were lined up all the way along the narrow path (but what for?).

The silver tapes were flowing and sparkling on the horizon.

The pinwheels were keep turning.

Five o'clock chime from the school,

sounds of a train from the distance,

silver tapes, pinwheels, five o'clock chime,  sounds of the railroad...

Good-bye

Good-bye!

Good-bye--

 

Spring rains, greens of summer, autmun nights, and winter frosts...

everything is passing so quickly,  getting far away,

and the seasons have soon become the past.

I opened my arms trying to touch the grass, but nothing touched me.

 

The night has come from behind the mountain.

I must go home alone.

Though many things leaved me,

something certainly I loved comes to me 

for waking me up from the long sleep.

The stars will sink soon.

I feel the brand-new morning coming from the distance... 

 

Do you remember the country road?

You stepped soil by the wet shoes.

Your fingertips touched the grasses.

Hey, can you see over there?

Someone's shadow is standing on the narrow path.

It's waving the hand to you.

Looking back shortly, let you go home.

Good bye,

and see you someday.